見守りサービス『Liveconnect(ライブコネクト)』

IOT×AIで介護業務に革新を

介護支援システム『Liveconnect(ライブコネクト)』により、介護施設の業務効率向上と重大事故防止をサポート。
介護センサーの活用で「介護職員の業務負担の軽減」「高齢者施設入居者様の重大事故防止とQOL向上」「データ活用によるケアサービスの効率化」「施設経営の安定化」を実現いたします。

IoTで介護事業所の人材問題を支援

社会の超高齢化で2030年には60万人の人材不足となることが見込まれている介護業界において、日本では介護就業者を増やすための様々な施策のほか、介護ロボットの導入による業務効率向上などの解決策が検討・実施されています。
その一つとしてIoTの活用は非常に注目されており、多くの高齢者施設関係者が注目・検討し導入を進めております。
そのなかで介護施設への人材支援をおこなってきたウィルオブ・ワークでは、システム開発企業である(株)Z-worksと提携のうえ、IoTの見守りサービス『Liveconnect(ライブコネクト)』による業務効率化・重大事故防止をサポートいたします

施設運用においてこんなお悩みはありませんか?

  • IoTはよく聞くが複雑でわからない
  • サービスを導入したいが工事や経費増加は避けたい
  • 見回りなどで職員に負担がかかっている
  • 職員数に余裕がなく、なるべく少数で運営できるようにしたい
  • システムを使いこなせるか不安
  • 離床センサーマットだけでは課題が解決できない

ライブコネクトが選ばれる理由

  • POINT

    1

    設置工事・Wifi環境不要

    Wifi環境を必要とせず、高齢者施設入居者様のプライバシーをしっかりと守りながら、各部屋の状況を把握できます。設置に工事は不要で、後付けでの設置が可能です。

  • POINT

    2

    シンプルでカンタン操作

    シンプルなアイコンで各部屋の状況が分かるようになっており、忙しい介護職員に操作を覚える負荷を与えないよう工夫されています。

  • POINT

    3

    呼吸や心拍なども計測可能

    夜間のトイレ回数など今までわからなかった入居者様の生活習慣の把握などからケアプランや介助の見直しが可能です。

  • POINT

    4

    入居者ごとの異常判断と人員効率化

    要介護度や自立度合いに応じた異常判別しアラートするので、夜間巡回回数や配置体制などの効率化や見直しが可能です。

トライアルプランのご提案

Liveconnectの導入をご検討の皆様へ
Liveconnectのご検討の場合、2か月間の試験導入をした後に本格導入を決めることが出来ます。
トラブル発生時のデータ抽出支援など、Liveconnectを問題なく運用・活用するためのサポート体制も充実しております。サービスについての資料請求やご相談は無料でご対応できますので、お気軽にお問い合わせください。

10床 88,000円(税込)
20床 132,000円(税込)

ご利用の流れ

  • STEP

    1

    お問い合わせ

    まずはお気軽にお電話または問い合わせフォームにてお問い合わせください。

  • STEP

    2

    機能のご説明・トライアル

    システムの機能や機材の設置方法などのご説明をし、現状の課題に合わせた運用方法をご提案いたします。トライアルプランで使用いただくことも可能です。

  • STEP

    3

    ご契約・コンサルティング

    広さや人数に合わせて機材を設置いたします。導入後はより安心かつ効率化する運用についてサポートいたします。

お問い合せ先

Contact

TEL:03-6779-9706

関連ページ