受付終了しました

受け入れの現状、事例、インタビューから知る外国人介護人材のリアル

受け入れの現状、事例、インタビューから知る外国人介護人材のリアル
日時 05月20日 (木) 15:00-16:00
開催場所 ZOOM配信
定員数 100名限定
料金 参加無料
必要なもの

2025年問題を目前とし、介護業界はこれまで以上に深刻な人材不足となることが予想されます。
国としてもこの現状を打破すべく、2017年に技能実習「介護」、2019年に特定技能「介護」の制度を創設し、多くの介護施設が外国人材の受け入れに着手するようになりました。

現在は新型コロナウイルスの影響によって外国人の入国が制限されていますが、介護人材不足解消策として期待される外国人材の存在感はますます増していくものと思われます。
しかしながら、「必要性は感じているが本格的な検討はこれから」「検討したいが何から手をつけていいかわからない」という介護施設も多く、弊社でもそのようなご相談を多数寄せられています。

そこで今回のウェビナーでは「外国人介護人材を知る」というテーマで、在留資格制度の概要や受け入れの現状について簡単にお話ししたうえで、事例やインタビュー動画なども用いながら、押さえておくべきポイントについて共有させていただきます。

ウィルオブ・ワークでは介護士派遣サービスと並行して、いち早く介護技能実習生・特定技能外国人(国内在留者含む)の採用支援サービスにも積極的に取り組んできました。
現地国での募集・教育・マッチングから入国後の雇用・教育支援まで一貫しておこなっている弊社だからこそ、外国人介護人材の受け入れのリアルをお伝えします。

ウェビナーの最後には質疑応答の時間も設けております。
ぜひご参加ください。

〈本ウェビナーはこの様な課題を解決します〉
・在留資格制度が複雑でどの手法を用いたらいいのかわからない
・実際にどんな人たちなのかイメージが沸かない
・受け入れ施設の声や上手に進めるためのポイントを知りたい

受付終了しました

プログラム

1.在留資格制度の概要
2.外国人介護人材の受け入れ状況
3.外国人介護人材を知る(インタビュー動画など)
4.受け入れにおけるポイントとケースの共有
5.質疑応答

登壇者の紹介

画像

角 陽輔

株式会社ウィルオブ・ワーク

2014年に中途採用で、株式セントメディア メディカルサポート事業部(現:株式会社ウィルオブ・ワーク ヘルスケア事業部)に入社。
北九州支店立ち上げ後、九州エリアマネージャー、中四国九州営業部長、マネジメントサポート部長を歴任。
現在は事業開発室長として外国人材受け入れ支援、介護資格スクール、ストレスチェックなど複数の介護業界向けサービスを統括。

受付終了しました