人材不足の対策とは?派遣やアウトソーシングなど活用方法を解説

人材を雇用しようにも応募者がいなかったり、定着しなかったり、人材不足に悩んでいるという企業も多いのではないでしょうか。

この記事では、人材不足の背景や対策について、詳しく解説していきます。

人材不足解消についてお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

人材不足にお悩みならば、まずはご相談を

人材不足でお悩みの場合、人材派遣やアウトソーシングなど外部を活用することは解消する方法の一つです。企業さまの人材不足を解消する、様々なサービスを展開する人材会社へ相談してみましょう!

ウィルオブのサービス内容を確認する

企業が人材不足であるという現状

現在、日本の多くの企業が、人材不足という深刻な問題に直面しています。

人材を採用しようにもなかなか応募がなく、マッチングが困難で採用することができないということが多いのではないでしょうか。

多くの企業で深刻化する人材不足は、なぜ起きているのでしょうか。

人材不足の背景には、日本での生産人口の減少にあります。

まずは生産人口がどの程度減少しているのか、現状の把握から始めることが大切です。

生産年齢人口の減少している

経済省統計局が発表したデータによると、15歳未満の子供の人口は1年間で約18万人も減少しています。

また、15歳~64歳までのいわゆる生産年齢人口と呼ばれる働ける世代が、約50万人も減少しているのがわかります。

また、逆に65歳以上の高齢者と呼ばれる年齢は増加傾向にあり、統計データでも1年間に約30万人も増加しています。

人材不足を感じている企業が増加傾向にある

厚生労働省「一般職業紹介状況」によると、人材不足を図るための指標が、いわゆる有効求人倍率です。

この有効求人倍率が高いということは、求職者数よりも求人数が多くなっているということです。

厚生労働省「一般職業紹介状況」によると、2010年から有効求人倍率は増加傾向であり、2018年1月の時点で有効求人倍率は全国では1.50,2019年においては1.60となっています。

帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査」によると、2016年から2018年までのわずか2年間で正社員が不足している企業は約10%も増えています。

また正社員だけでなく非正規社員が不足している企業も増加傾向にあります。これらの資料から、人材不足を感じている企業が増加傾向にあることがわかります。

人材不足が深刻な業種

人材不足は、保育・工場・コールセンター・運輸など多くの業界で深刻化しています。

その中でも最も人材不足が深刻と言われる介護・小売業・建設業については厚生労働省「一般職業紹介状況」のデータを交えながら解説していきます。

建設業

2021年3月時点での建設躯体工事の職業の有効求人倍率は8.48となっています。

建設業への就業率は年々下がっていき、2016年には平均の約半数にまで激減しています。

先述の「人手不足に対する企業の動向調査」によれば、もっとも従業員が不足しているのが建設業界で、67.8%の建設関連企業が人材不足と感じると答えています。

その原因として考えられるのが、建築業界に興味を持つ若者が少なくなっているということが挙げられます。

また職人気質の建築現場に残る古い価値観と若者の価値観が合わなくなっているのも、原因の一つといえるでしょう。

介護業

2021年3月時点での介護職の職業の有効求人倍率は3.87となっています。

「公益財団法人介護労働安定センターの調査」によると、労働条件の悩みや不安などは54.2%の企業が「人手が足りない」と回答しています。

なぜ介護業界は人手不足がこれほど深刻なのか、その原因を見てみましょう。

原因の一つは、少子高齢化です。

働ける人口は年々少なくなっていくのに対し、介護利用者の数はどんどん増え続けています。

そのためいくら人材を募集・採用しても追いつかないのが現状です。

また、介護業界で働くシニアの割合も増加傾向にあり、現役の介護職の中で60歳以上が占める割合は約2割にもなります。

そのほか、主婦や子育て中の方も多く活躍していて、長期で働く予定がない、夜勤はできないという方がいるのも人手不足の要因といえるでしょう。

▼関連記事
介護業界ついては
こちらの介護業界の人手不足はどう解消する?深刻化の原因と対策事例を徹底解説でも紹介していますのでご参考ください。

販売業

2021年3月時点での小売業の職業の有効求人倍率は1.49となっています。

小売業と一口に言っても、さまざまな事業があります。

おもてなしを大事にする日本になくてはならない職種でありながら、こちらも人材不足の影響を受けています。

そんな小売業が人材不足に陥った背景には、長時間労働が想定されることや、社会的評価の低さなどがあります。

長時間の労働やシフトが不安定である職業には、人も集まりづらく、定着率が低いと言われています。

人材不足の対策

人材不足の対策方法
人材不足を解消するための対策について、自社でできること、外部を活用することに分けて詳しく解説します。

自社の状況に合わせて、各対策を参考にし検討いただけたら幸いです。

自社対策

<労働条件の改善>

人材確保のためには、労働条件の改善が大切です。

採用に対して応募がないのは、雇用条件に不満があるから、ということが多いでしょう。そのため、賃金や処遇などを改善してよりよい環境を作るための努力をする必要があります。

<職場環境の改善>

離職を少なくする、もしくは採用を増やすための対策としては職場環境を改善するのも有効です。

従業員の処遇や配置を左右する人事評価制度の見直しや福利厚生、安全管理などさまざまな改善案が考えられます。

まずは会社の制度をすべて見直し、どの部分の改善をするべきなのかをきちんと見極めることが大切です。

<教育や研修制度の見直し>

教育や研修制度の見直しも、重要な対策の一つです。

たとえば資格取得支援やキャリアアップ支援などがあれば、同じ採用条件であれば教育制度が充実しているほうを選ぶでしょう。
教育や研修制度をきちんと整備することによって、より優秀な社員を育てることができるのも、大きなメリットといえます。

<業務プロセスの改善>

業務のプロセスに無駄がないかを見直しすることで、新たな人材を雇用しなくても業務の標準化やマニュアル化、業務の簡素化などを行うと同時に、不要な業務を見直すことも必要です。

業務プロセスの改善をすることで、働く社員の負担も減らすことができるようになるでしょう。

外部を活用した対策

<人材派遣の活用>

派遣社員であれば必要とするスキルを持つ人材を、必要な期間だけ雇用ができるため、社員の残業や負担を減らすこともでき、業務を上手く回すことが可能となります。

▼関連記事
人材派遣の活用ついては
こちらの人材派遣会社8社比較!派遣雇用のメリットと各社特徴を解説でも紹介していますのでご参考ください。

<外国人労働者の雇用>

人材不足に対しては、政府も積極的に推奨している外国人材の雇用があります。

特定技能制度や技能実習生などで来日している外国人労働者を雇用することで、多くの人材を採用することができるでしょう。

<アウトソーシングの活用>

すべてを社内ですることは、人手の関係から難しいため、全てをアウトソースする企業は近年増加しています。

ノンコア業務など一部だけでも社外に外注することで、新しく人を雇用しなくても、無理なく業務を回すことができるようになるでしょう。

▼関連記事
アウトソーシングの活用については
こちらのアウトソーシングとは?メリット・デメリットや人材派遣との違いを解説でも紹介していますのでご参考ください。

<IT化によって無駄を省く>

IT化を進めることによって、無駄を省くのも対策の一つといえます。

電子メールやオフィスシステムの導入など手で処理しなければならない書類などを減らし、業務の無駄を省くとともに効率化を進めることで、現在の人材で業務に対応できるようにしましょう。

あえて新しく人材を採用しなくても、業務を回すことができるようになります。

まとめ

人材不足が深刻化は続いています。

しかし、どの業界もすぐに人手を直接採用する、ということは難しいのではないでしょうか。

自社対策にも限界があります。

そのようなときには、人材派遣やアウトソーシングなど外部を活用することで対策する必要があります。

自社の状況に合わせて、対策を検討していただければ幸いです。

人材不足にお悩みならば、ウィルオブへまずはご相談を

人材不足でお悩みの場合、人材派遣やアウトソーシングなど外部を活用することが効率的な対策となります。企業さまの状況に合わせて人材不足を解消する様々サービスを提供します。

ウィルオブのサービス内容を確認する
ユーザー画像
採用ジャーナル 編集部

ウィルオブ採用ジャーナルの記事を制作・配信している編集部です。
20年以上人材支援をしているノウハウから、総務・人事担当者や事業責任者の皆様のコストカットや業務効率化に役立つ情報を発信していきます。