外国人雇用を成功させるなら、まずは派遣からスタート!派遣会社を利用するメリットも紹介

近年の少子高齢化によって日本国内の労働人口は減少を続けており、多くの企業様が深刻な人材不足に悩まされています。この問題を解消するため、政府は2019年4月に改正出入国管理法を施行するなど、外国人人材受け入れのための施策を行っています。

 

現在、外国人が日本で就労することができる在留資格は20種類以上あり、雇用形態も正社員、契約社員、派遣、アルバイトなど様々です。外国人の雇用には、採用フローや各種申請の手続き、文化や慣習の違いに対する理解など、日本人の雇用とは違った知識が必要になります。

 

そのため、もし外国人の雇用にハードルを感じていらっしゃるのであれば、人材紹介会社に相談するのも、ひとつの手です。なかでも人材派遣サービスを利用することで、自社で各種申請を行なうことなく、外国人を雇用する感覚がつかめます。この記事では派遣で外国人を採用するメリットや注意点などについて詳しくご紹介します。

 

派遣で外国人を採用する企業側のメリット

企業が直接人材を採用する場合、求人広告費などのコストや入社してからの教育、社会保険の手続きなど、雇用主側の負担は計り知れません。さらにそれが外国人となれば、日本人の雇用と同じ手続きに加えて、ビザ切り替え申請なども行わなければなりません。

また、面接時に外国人の日本語レベルや仕事のスキルを正しく見極めることは難しいでしょう。

 

ですが、人材派遣会社に依頼すれば、雇用主が求めるスキルに見合った外国人をピックアップして紹介してくれるので、採用時のリスクを回避することができます。もちろん入社に関する手続きやビザの切り替えなども派遣会社が処理をサポートしてくれます。

 

また、外国人のスタッフが急に辞めてしまうことがあっても、派遣会社が代わりの人材を探し、すぐに次の候補者を紹介してくれるので管理に関しても非常に楽です。

 

今後、直接雇用を考えている企業様にとっては、採用の際に必要な手続きや外国人従業員への対応を学ぶ機会が得られるため、まずは派遣で外国人と働く感覚をつかみ、ノウハウを蓄積することができるのもメリットの一つと言えるでしょう。

 

派遣で就労する外国人側のメリット

外国人が自分自身で仕事を探す場合、本人が希望する仕事内容や条件が合う企業を見つけるのは容易ではありません。派遣会社に登録すれば、学歴や、経験などに応じた仕事を派遣会社が見つけてくれるため、ミスマッチを避けることができます。

 

また、派遣先でのトラブルなど困ったことがあった時、派遣会社に相談し、本人に代わって解決してもらえるので安心して働く事ができるでしょう。

 

さらに外国人にとって大きなメリットは、派遣勤務の経験は日本での就労経験として残ることです。外国人雇用が増えているとは言え、日本での就労経験がない外国人は採用が見送られてしまうこともめずらしくありません。

 

日本の企業で働く事を望む外国人にとって、比較的採用されやすい派遣で就労経験を積むことは今後の就職活動においても大変有利です。数年間派遣として働きつつ日本語スキルなどを高め、日本の企業で正社員登用される可能性を広げることができます。

 

派遣で外国人を雇用する際の注意点

外国人を派遣で雇用する際、日本人の採用では必要のない資格申請手続きなど、事前に確認しておくべき事柄があります。

 

労働者派遣契約の確認

外国人の雇用に限ったことではありませんが、派遣は派遣会社と企業との契約なので、この2社間で『労働者派遣契約』を結びます。

 

その際、万が一外国人側から就労を辞退された場合、採用にかかった費用返金などの補償や、就労中の外国人のフォロー体制がどのくらい整っているのかなど、細部まで規定を確認しておくことをおすすめします。

 

言語・文化・習慣などの違いについての理解

今まで日本とは全く違った環境や慣習の中で生活してきた外国人と仕事をしていると、時に日本の常識では理解できないような行動や、言葉の壁にぶつかることがあります。

 

雇用前の面談では日本語能力に特に問題を感じなかったが、仕事をしている中で言葉の微妙なニュアンスが伝わらない、公共マナー・ルールの理解ができていないなど様々な問題が出てくることもあります。放置していると思わぬトラブルに発展する可能性もあるので注意が必要です。また、日本人同士では問題になることがほとんどありませんが、信仰する宗教についてはデリケートな問題なので特に配慮を要します。

違いを理解し、外国人が働きやすい環境づくりの推進をおすすめします。

 

外国人雇用状況の届出

外国人を雇用する場合、雇用形態が派遣であっても『外国人雇用状況の届出』を必ずハローワークに提出しなくてはいけません

 

まだまだある!派遣が最適な理由

前項で挙げたような注意点を踏まえつつ、自社で外国人の求人から採用まで全て行おうとすると、非常に多くのコストがかかってしまいます。

一方で、派遣会社は様々な業界の企業からの依頼に応えるため、あらゆる媒体を駆使して多様な人材を確保しています。なかでも外国人に特化した派遣会社であれば、豊富な成功事例をもとに就労中のサポートも充実しているため、外国人雇用に慣れていない企業様でも安心して依頼できるでしょう。

 

また、製造業界や、観光業界などの繁忙期がある程度決まっている業種では、忙しい時期にだけ大量に人材を確保することが可能で、自社の繁閑の状況に合わせて人員の調整ができるのも派遣会社に依頼する大きなメリットです。

 

まとめ

今回は外国人を派遣で雇用するメリットや注意点についてご説明してきました。

 

外国人を雇用する際には、募集から採用までのフロー以外にも在留資格の申請など煩雑な手続きが多く、外国人採用のノウハウを持たない企業様が全て行うことは大変困難です。一方で、派遣会社に依頼すればそうした手続きのほとんどをサポートしてもらえるため、企業様の負担は格段に少なくなります。

 

優秀な派遣会社であれば、まだ依頼することを決めていなくても、どの雇用形態で何人の外国人を雇用すれば生産性が上がるのか、など的確なアドバイスを受けることもできるでしょう。

 

また、派遣会社によっては人材紹介のサービスを行っており、派遣雇用で外国人との働き方を理解し、直接雇用を検討することになった際に相談することも可能です。

 

こちらの記事ではおすすめの外国人に特化した人材紹介会社をまとめて紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

ユーザー画像
採用ジャーナル 編集部

ウィルオブ採用ジャーナルの記事を制作・配信している編集部です。
20年以上人材支援をしているノウハウから、総務・人事担当者や事業責任者の皆様のコストカットや業務効率化に役立つ情報を発信していきます。