icon

【2021】テレアポ代行会社10社比較!成果報酬など選定のコツも紹介

【2021】テレアポ代行会社10社比較!成果報酬など選定のコツも紹介

営業職の人手不足が深刻になる中、テレアポ代行を導入する企業が増えてきています。

電話によるアポイント獲得を営業代行会社に依頼することで、
自社の営業担当は商談のみに集中できるため、業務の効率化に繋がる可能性があるからです。

今回はテレアポ代行でおすすめの10社を紹介します。

導入に失敗しないための3つのポイントも解説していますので、あわせてご覧ください。

商談だけに集中したい!そんなときはテレアポ代行を検討してみては?

「商談だけに集中することができたら、もっと業務効率が上がるのに」
そんな企業の声に応えるサービスの一つがテレアポ代行です。
テレアポ代行を導入し、業務効率改善に繋げていきましょう。

テレアポ代行会社の比較一覧を確認する

テレアポ代行とは

テレアポ代行とは
テレアポ代行とは、商談のアポイント獲得を代行会社に委託するサービスです。

電話営業は案件受注の第一歩となる大切な業務ですが、
ターゲットリストやトークスクリプトの準備など時間と工数がかかります。

そのため、自社で行わず代行会社へ委託することで、
営業パーソンの業務効率改善を図る企業が増えてきています。

テレアポ代行のメリット・デメリット

ここでは、テレアポ代行を導入するメリットとデメリットを紹介していきます。

テレアポ代行のメリット

商談に専念できる

限りある活動時間の中で、日々のタスクを抱えながらテレアポを行うことは困難です。

電話でのアポイント取得を代行会社に委託することで、
自社の営業担当は商談に専念することが可能になります。

営業リソース不足が問題となる中、
自社の営業担当を商談に専念できる環境を構築できるのは大きなメリットとなります。

人件費の抑制が可能

取り扱う商材によっては、コール業務をアルバイトスタッフが対応することがあります。

その場合、正社員で運用するより人件費コストを抑制できるため、
アポイント1件あたりの費用を安価で抑えることが可能です。

プロフェッショナルなスキルを活用可能

テレアポ代行会社であれば、
豊富な経験から積み上げたノウハウやスキルを保持していることが多いです。

委託会社が持つノウハウやスキルを取り入れることができれば、
架電数やアポ獲得数などのKPIを早期に達成させることも可能です。

テレアポ代行のデメリット

代行会社によって成果が左右される

テレアポ代行会社によって得意とする業界や業種が異なり、
たとえ実績豊富な会社でも思うような結果に繋がるとは限りません。

代行を依頼する場合は複数社を比較し、会社で異なる得意業界や業種などをチェックしてください。

料金形態によっては成果に結びつかなくても費用が発生する

テレアポ代行の料金形態の中には、商談獲得の成否に限らず、
1架電=○円という料金が発生する型があります。

アポイント獲得に至らなかった場合にも費用が発生してしまうというリスクがあるため、
コストシミュレーションはしっかりと行っておきましょう。

テレアポ代行で失敗しないための3つのポイント

テレアポ代行を導入するにあたり、
どのような基準で選べばいいかわからないといった声をよく聞きます。

ここでは、テレアポ代行を導入するにあたり失敗しないための3つのポイントを解説します。

料金形態

一つ目のポイントは料金形態です。

テレアポ代行の料金形態は、大きく分けて「コール課金型」「成果報酬型」の2つがあります。

自社商材にとってどちらが適しているか、事前に確認しておきましょう。

成果報酬型

アポイント取得1件ごとに〇〇円~という形態のものです。

アポイントが取れなかった場合の負担が少なく、成果も保証されていることから、
費用を安く抑えることができるといったメリットがあります。

その反面、確度の低いアポイントを取得してしまうことで、
費用対効果や営業効率が悪くなる可能性もあります。

成果報酬型で契約する場合、どのようなアポイントを課金対象とするかの認識合わせを
テレアポ代行会社と事前に行っておくのがいいでしょう。

コール課金型

コール先1件ごとに〇〇円という料金形態です。

成果報酬型と比べて、アポイント1件あたりの費用を安くできることが多いです。

また顧客リストに対し確実に架電するため、
対象顧客に対し、一通りコールアクション出来るメリットがあります。

しかし、成果報酬型と異なり、
アポイントが取れなかった場合でも費用が発生してしまうデメリットがあります。

ターゲットリストの有無

二つ目のポイントはターゲットリストの有無です。

テレアポ代行を依頼するにあたり、営業代行会社がターゲットリストを提供してくれることがあります。

しかし、別料金が発生したり、
代行会社が保持しているリストがターゲット業界とは違う可能性も考えられます。

また代行会社からのリスト提供そのものがなく、自社で用意しなければいけないケースもあります。

そのため、委託先を選択する際にはターゲットリストがあるか、
そのリストは自社のターゲットとマッチしているのかチェックが必要です。

対応実績

三つ目のポイントは対応実績です。

テレアポ代行会社が自社のサービスと似た実績があるのかを確認しましょう。

自社と類似したサービスに対し、どのような成果を残しているかを事前に確認することができれば、
導入後のイメージも明確になるでしょう。

おすすめのテレアポ代行会社(10社)

最後におすすめのテレアポ代行会社を料金形態別に紹介します。

成果報酬型の営業代行会社

まずは成果報酬型のサービスを展開している企業5社です。

株式会社ウィルオブ・ワーク

営業代行ウィルオブSeiyaku
【ウィルオブ・ワーク3つの特徴】

  • 東証一部上場企業のグループ会社が運用
  • 業界別にターゲットリストを用意することが可能
  • 全国に拠点展開しているため、地方エリアからでも架電することが可能
料金体系成果報酬型/固定報酬型
アポ獲得単価15,000円
URLhttps://willof-work.co.jp/lp/seiyaku/

株式会社ディグロス

ディグロス
【ディグロス3つの特徴】

  • スタートアップ企業から上場企業まで1000社以上の対応実績
  • 初期費用や月額利用料金などの固定費なし
  • アポイントメント単価は商材(サービス)の難易度で決定
料金体系成果報酬型
アポ獲得単価10,000~50,000円
URLdgloss.co.jp

株式会社コミットメントホールディングス

コミットメントホールディングス
【コミットメントホールディングス3つの特徴】

  • BtoB特化型サービス
  • 毎月5社限定
  • NTTコミュニケーションズ代理店全国No.1の実績
料金体系成果報酬型
アポ獲得単価5,000円~
URLcommitmentholdings.com

株式会社アソウ・ヒューマニーセンター

アソウ・ヒューマニーセンター
【アソウ・ヒューマニーセンター3つの特徴】

  • 1984年創業でこれまで新規開拓した企業は20万社以上
  • 勤続年数3年以上を中心とした経験豊富な営業・販売出身者を配置
  • 依頼から最短1週間でプロジェクトスタート可能
料金体系成果報酬型
アポ獲得単価15,000円~
URLwww.ahc-net.co.jp

株式会社完全成果報酬

完全成果報酬
【完全成果報酬3つの特徴】

  • 88種類以上の業種業態の営業代行実績
  • 300時間以上トレーニングを積んだ営業代行のプロがプロジェクトを担当
  • 月間100件を超える企業とのやりとりをベースに蓄積された営業代行ノウハウ
料金体系成果報酬型
アポ獲得単価15,000円~
URLwww.kanzenseika.jp

コール課金型の営業代行会社

続いて、コール課金型のサービスを展開している企業5社を紹介します。

アンビエント

アンビエント
【アンビエント3つの特徴】

  • 88種類以上の業種業態の営業代行実績
  • 300時間以上トレーニングを積んだ営業代行のプロがプロジェクトを担当
  • 月間100件を超える企業とのやりとりをベースに蓄積された営業代行ノウハウ
料金体系コール課金型
コール単価3コール 250円~
URLambient-co.jp

株式会社soraプロジェクト

SORAプロジェクト
【soraプロジェクト3つの特徴】

  • 見込み顧客の発掘から獲得までワンストップで提供
  • コールスタッフの平均勤続年数4年1か月は業界最長
  • 800万社の中から抽出されたターゲットリストを利用
料金体系コール課金型
コール単価3コール 350~400円
URLsora1.jp

ネットリアル株式会社

ネットリアル
【ネットリアル3つの特徴】

  • 会員登録型でのサービス提供
  • 約600万件の法人リストを無料で利用可能
  • 最短5営業日後からコール開始可能
料金体系コール課金型
コール単価1コール150円、2コール200円、3コール250円
URLnetreal.jp

コーキ株式会社

コーキ
【コーキ3つの特徴】

  • 平均勤続年数3年以上のスタッフがコールを担当
  • オーダーメイドするトークスクリプトによりお客様にもっとも響くワードを選定
  • 大手コールセンターにおいて8年の実務経験を持つ専属トレーナーによるロープレ実施
料金体系コール課金型
コール単価1コール100円、2コール150円、3コール200円
URLwww.kooki.co.jp

株式会社イクイップ

ビズコール
【イクイップ3つの特徴】

  • テレアポ代行サービス「ビズコール」を運営
  • 全国一律1コール99円~と業界最安値
  • テレアポ代行業界初のアポイント保証制度
料金体系コール課金型
コール単価1コール99円、2コール150円、3コール190円
URLhttps://www.テレアポ代行.jp/

 

まとめ

テレアポ代行会社を利用することは業務効率アップにつながります。
しかし、テレアポ代行会社によって料金形態や提供サービスは様々です。

サービス導入に失敗しないためにも3つのポイントを確認しながら、
自社の課題を解決してくれる代行会社を選びましょう。

テレアポ代行について詳細を知りたい場合はご相談ください。

顧客と最初に接点を持つテレアポは非常に重要な業務です。
だからこそ、豊富なノウハウやスキルを持つ専門の会社に任せてみませんか?
課題解決のため、最良の提案をさせていただきます。

営業代行サービス『Seiyaku』の資料請求はこちら

Writing by

SalesMedia 編集部

SalesMediaの記事を制作・配信している編集部です。
営業支援に役立つ情報を発信していきます。

タグ

関連記事

もっと見る