icon

営業派遣とは?使用する際のメリット・デメリットを徹底解説!!

営業派遣とは?使用する際のメリット・デメリットを徹底解説!!

「必要な時に必要な人数の営業人材を採用したい」

こういった企業の声に応えるサービスが営業派遣です。

今回の記事では、営業派遣についての説明と、
営業派遣を利用する際のメリット・デメリットを解説します。

営業派遣の利用を検討されている方は参考にしてみてください。

営業派遣とは

営業派遣

営業派遣とは、派遣会社がクライアント先に営業人材を派遣するサービスです。

  • 営業人材が足りず育成する時間もないので即戦力が欲しい
  • 営業人材の離職率が高くて定着しない
  • 繁忙期など決まった期間のみで人材がほしい

こういった課題をお持ちの企業におすすめのサービスです。

営業派遣のメリット

営業派遣のメリット

次に、営業派遣を利用するにあたってのメリットを確認していきましょう。
デメリットもあわせて紹介しますので、自社に合うサービスなのかの判断材料にしてみてください。

営業力の高い即戦力となる人材を確保できる

営業派遣サービスを展開する派遣会社は、
既に営業スキルを持っている人材、または営業職を希望する人材を多く抱えています。

営業に対する知識や心構えを既に備えているため、即戦力人材として活躍が見込めます。

短期間で大量の営業人材を集めることができる

会社規模にもよりますが、派遣会社は多くの登録スタッフを確保しています。
そのため、「この期間に〇人欲しい」と希望をすれば、派遣会社は希望に合う人数を揃えてくれます。

前述の通り、営業派遣サービスを展開する派遣会社は、
営業経験者や営業職を希望する人材を既に多く抱えています。
そのため、自社で募集をかけるよりも、営業人材を短期間で採用できることが特徴です。

コストを削減できる

営業派遣の場合、コストの削減も大きなメリットになります。

雇用保険や社会保険などの保険は派遣会社が負担するため、
正社員を採用する時にかかるコストより安く抑えることが可能です。

また必要な期間のみの利用ができることも、自社で営業人材を抱えるより、
採用や教育などにかかるコストを削減できる要因の一つとなります。

営業派遣のデメリット

営業派遣のデメリット

営業戦略やマネジメント機能の構築は期待できない

営業派遣は、クライアント先が希望する営業人材を派遣するサービスです。
そのため、営業戦略やマネジメント機能の構築はクライアント側が対応する必要があります。

戦略や戦術の構築も含めて営業活動の指揮を自社でやりたい場合は、営業派遣が良いです。
実績を最優先で求める場合は、営業代行会社にアウトソーシングすることをおすすめします。

自社に営業ノウハウが残らない

営業派遣はあくまで営業リソース(人材)を提供するサービスとなるため、
派遣会社から採用や運営に関するノウハウを提供することはありません。

よって、自社内に営業ノウハウが蓄積されづらいといったデメリットがあります。

まとめ

ここまで営業派遣を利用する際のメリット・デメリットについて紹介してきました。
自社の営業課題は解決できそうでしょうか?

  • 営業人材が足りず育成する時間もないので即戦力が欲しい
  • 営業人材の離職率が高くて定着しない
  • 繁忙期など決まった期間のみで人材がほしい

このような悩みをお持ちなら、営業のアウトソーシングを検討されることをおすすめします。

人手不足に悩まれている方はまずご相談を

人材にまつわる課題はなかなか解決しないものです。
営業派遣サービスを展開している人材会社に相談してみてはいかがでしょうか?
不明な点などあれば、気軽にお問合せくださいませ。

無料で問い合わせてみる

Writing by

SalesMedia 編集部

SalesMediaの記事を制作・配信している編集部です。
営業支援に役立つ情報を発信していきます。

タグ

関連記事

もっと見る