icon

テレマーケティング代行おすすめ5社比較!代行会社選びのポイントも解説

テレマーケティング代行おすすめ5社比較!代行会社選びのポイントも解説

テレマーケティングは、コロナの影響で外出が難しくなった現在において、
非常に重要な営業手法のひとつになっています。

しかし、自社のみで運用しようとすると、リソースやノウハウの不足から導入がうまくいかず、
結果としてコストに見合わなくなってしまうことがあります。

こういった問題を避けるのに有効な手段なのが、テレマーケティング代行の活用です。

とはいえ、テレマーケティング代行といっても、サービス範囲や料金の仕組みなど、
不明な点が多くてなかなか踏み切れない方もいらっしゃると思います。

本記事では、テレマーケティングとは何か、
どんな代行会社があってどんな特徴があるのかを比較し、まとめて解説しています。

自社の運用イメージに合うテレマーケティング代行会社を選び、実績を最大化させていきましょう。

テレマーケティング代行会社の一覧を見てみる

テレマーケティングとは

テレマーケティングとは、ダイレクトマーケティングの一種であり、
主に電話を用いて営業活動を行い、商材の販売を促進することを指します。

テレマーケティング代行とは、これらを自分たちの代わりに実施してくれるサービスのことです。
テレマやテレマ代行と呼ぶこともあります。

テレアポと混同されやすいですが、それぞれ違うものとして区別されています。

実際のところ、テレマーケティングはかなり言葉の意味合いが広いため、
企業によってテレマーケティング担当の職務範囲が異なります。

テレアポとの違い

テレアポは、テレフォンアポインターの略であり、文字通り商談を組むことが目的の営業手法です。

また、新規顧客の開拓をミッションとする場合がほとんどで、
直接の販売促進や、市場調査を対応するテレマーケティングとは区別されています。

その違いはKPI項目にも現れており、テレアポ代行は商談化数がKPIになることがほとんどですが、
テレマーケティングはミッションに応じてKPIはさまざまな指標で設定されます。

テレマーケティング代行会社を選ぶポイント

次に、テレマーケティング代行会社を選ぶ3つのポイントをお伝えします。

いざ、代行会社に依頼しようと思っても、
選択肢が色々あってどこに依頼したら良いかわかりにくいですよね。

代行会社の選定は、実績に直結します。

したがって、あまり自社とマッチしていない代行会社を選んでしまうと、
余計なコストがかかってしまったり、売上未達成の要因になったりと、
マイナスな影響が出てしまいます。

失敗しないためのポイントを押さえ、最適な代行会社を選んでみてください。

強み

テレマーケティングといっても業務範囲が広く、
テレマーケティング代行会社にも、得意不得意な業務があります。

特徴を把握することで、自社の求める成果を出してくれる代行会社を探しやすくなります。

  • どういった実績を持っているのか
  • 自社に関連ある商材を取り扱ったことがあるか
  • 他社と比べて何が優れているのか

最低でも上記3点は確認するようにしてください。

調べてもなかなか把握しづらければ、代行会社に直接聞いてしまいましょう。

サービス範囲

代行会社がどんな業務に対応しているのかもチェックする必要があります。

サービス範囲がパッケージになっていたり、何かに特化していたりと、
会社により違いはさまざまです。

対応してくれるサービスの内容をきちんと把握し、
テレマーケティングにおいて自社の望む的確なサービスを提供している代行会社に依頼しましょう。

料金形態

テレマーケティングを外注する際に注意が必要なのは、
業務内容や規模、業種によって費用が変わってくるということです。

支払い方法やコストのかかり具合も異なってくることが多いので、
事前に確認をしておくことを推奨します。

なお、料金形態は以下の3つに分けることができます。

  • 固定報酬型
  • 成果報酬型
  • 従量課金型

固定報酬型

固定報酬型は、月額の固定費用を定め、代行会社へ支払う料金形態です。

月額固定のため予算調整の手間がなく、また想定を超える成果が出た場合でも、
他の料金形態と違い追加で費用を支払う必要はありません。

裏を返せば、想定を下回る成果であっても、固定額を支払う必要があるということです。

一長一短ですので、代行会社の力量を十分に見極める必要があるといえます。

成果報酬型

成果報酬型は、受注や商談設定など一定の成果ポイントを定め、
その条件を満たしたときに金額をカウントし、報酬を支払う料金形態です。

固定報酬型と違い、成果を満たさなければ余分な費用を払う必要がないので、
費用対効果に重点を置く場合にはとても有効です。

一方、想定以上に成果を満たしてしまった場合、成果が出たことは喜ばしいですが、
その成果に見合う分の報酬額を支払う必要があります。

決まった予算の中で運用をしなくてはならない場合、予算超過を注意しなければなりません。

従量課金型

電話一回当たりの金額を定め、その回数に応じた金額を支払う料金形態です。

一般的にはコール単位で計算されることが多いです。

アクション量を担保するのに向いていますが、成果にコミットしにくいのが難点です。

また、代行会社や業界や業務内容による差が比較的大きいので、
こちらも事前に確認するようにしておくと良いでしょう。

テレマーケティング代行会社5社比較

ここまで、テレマーケティン代行会社を選ぶポイントを紹介してきました。

ここからは、実際にテレマーケティングを代行してくれる会社を5社厳選して紹介します。

コールセンターの所持・サービス範囲・対応できる規模など、さまざまな観点から選出していますので、
自社あったテレマーケティング代行会社を探してみてください。

Seiyaku

Seiyaku
Seiyakuは東証一部上場のグループ企業、株式会社ウィルオブ・ワークが運営する営業代行サービスです。

営業・販売の領域でトップレベルのシェアを確保している人材派遣会社で、
テレマーケティングをはじめ、数多くの代行サービスを展開し成功させていることから、
販売力と運営力を求めているなら特におすすめできます。

全国に拠点を展開しているため、地方エリアでも問題なく対処可能なのもポイント。

インサイドセールス事業の推進に力をいれているのも特徴で、
企業間で導入が進んでいるインサイドセールスを取り入れたい場合も、有効な選択肢となる会社です。

  • インサイドセールスにも対応
  • 販売力と運営力に長け、安定して高い実績が見込める
  • 全国どこでも業種問わず対応可能

サービス詳細はコチラ

SALES ROBOTICS株式会社

SALES ROBOTICS
SALES ROBOTICSは、データ解析とインサイドセールスを駆使し、
「営業の自動化」を推進している代行会社です。

400万件を超えるデータベースを保有し、統計データなどから
拡販に適した営業先を抽出することができます。

また、データが蓄積されるごとによりサービスの精度が上がっていき、
ベストなタイミングで顧客にアプローチするようなことも可能になるのも特徴。

アウトバウンドを検討している場合には、非常に頼れるパートナーとなってくれるはずです。

  • 400万件を超えるデータベースにより最適なターゲティングが可能
  • 各種クラウドサービスなど、効率的な営業を実現している
  • データ蓄積による精度向上も強み

サービス詳細はコチラ

株式会社セレブリックス

セレブリックス
株式会社セレブリックスは、営業を科学するというテーマを掲げ、
データドリブンをもとにした営業活動が特徴の会社です。

BtoB
領域に精通しており、大手では難しいような細やかな要望にも応えることできます。

営業代行の業界で培ったスキームが、テレマーケティグでもいかんなく発揮されています。

インサイドセールスの導入支援も積極的であり、営業経験者を多く抱えているのもポイント。

  • BtoBの販売に特化した営業代行会社
  • インサイドセールスにも対応可能
  • 営業経験者が多数在籍

サービス詳細はコチラ

株式会社エヌ・ティ・ティマーケティングアクト

株式会社エヌ・ティ・ティマーケティングアクト
西日本を中心に全国で40拠点のコンタクトセンターを保有しているのが、
NTT
マーケティングアクトです。

のべ7500席のキャパシティがあるため、大量コールが必要な場合でも問題なく対応が可能。

実績もトップクラスに豊富であり、事例集も数多く公開されているので、
実際の運用イメージをしっかりと持つことができます。

規模感が見合うならぜひ選んでおきたいテレマーケティング会社です。

  • 7500席を保有し、大量コールの対応も任せられる
  • テレマーケティグ以外のサービスも充実し、トータルで営業課題の解決が可能
  • 日本でもトップクラスの実績を誇る

サービス詳細はコチラ

株式会社KDDIエボルバ

KDDIエボルバ
KDDIエボルバは、KDDI系列の会社であり、テレマーケティグをはじめ
カスタマーサクセスなどサービスラインナップが非常に充実しています。

また全国に37拠点を構え、14,000を超える席数を保持し、
抱えている従業員数も26,000名と、運営リソースは圧倒的。

サービスの品質に優れ、顧客満足度も80%以上を維持しており、
自社の製品を安心して任せることが可能。

最新のテクノロジーの導入も進んでおり、
効率的なテレマーケティングに期待が持てる企業といえます。

  • 圧倒的な運営リソース
  • 80%を超える顧客満足度
  • 最新テクノロジーによる効率的なテレマーケティング活動

サービス詳細はコチラ

 

まとめ

ここまで、代行会社を選ぶときのポイントの解説と、
おすすめのテレマーケティング代行会社の紹介をしました。

実績を最大化させるためには、最適なパートナーが必要です。

最適なパートナーの存在は、瞬間的な営業利益だけでなく、
ノウハウ蓄積や業務内容の改善にもつながります。

テレマーケティング会社を上手に活用し、実績を伸ばしていきましょう。

テレマーケティング代行はSeiyakuがおすすめ!

Seiyakuは東証一部上場のグループ企業が運営する営業代行サービスです。
テレマーケティングはもちろん、インサイドセールスにも対応することが可能です。
代行会社選びに悩まれている方は、まずは資料請求してみてください。

営業代行『Seiyaku』の資料請求をする

Writing by

SalesMedia 編集部

SalesMediaの記事を制作・配信している編集部です。
営業支援に役立つ情報を発信していきます。

タグ

関連記事

もっと見る