icon

インサイドセールス導入におすすめのツールをご紹介! 目的別ツール10選

インサイドセールス導入におすすめのツールをご紹介! 目的別ツール10選

営業フローを段階によって分業することで、多数の見込み顧客の状態を横断的に分析し、
適切なタイミングで顧客にアプローチできるのが、インサイドセールス導入のメリットです。

そのため、インサイドセールスではデータ管理が非常に重要です。

属人的な情報管理に頼らず、
いつどの担当者からでも同じ情報にアクセスできるようにする必要があります。

顧客情報や案件の管理だけではなく、施策の効果測定や営業のKPIも含めて一元管理するためには
営業支援ツールの導入をおすすめします。

現在様々な企業からSFA(Sales Force Automation)やMAツール(Marketing Automation)
と呼ばれる営業支援ツールがリリースされていますので
価格や機能など自社にあったツールを選定することが大事です。

インサイドセールスの導入は営業代行会社に相談できます

「営業組織の見直しをしたくてもノウハウがない」
「インサイドセールスの導入には何が必要かわからない」
そんな課題も、営業代行会社に相談できます。
まずは気軽にご相談してみてはいかがでしょうか。

営業代行会社に無料の資料請求をする

インサイドセールスとは

インサイドセールスとは

インサイドセールスとは、見込み顧客(リード)に対して、
メール・電話・ウェブ会議ツールなどを活用しながら、非対面を行う内勤型の営業手法です。

主に、見込み顧客の課題ヒアリングやニーズ把握を行い、
受注見込みが高まったリードをフィールドセールス(外勤営業)へパスするまでが役割となります。

インサイドセールスについては以下の記事でも詳しく解説しています。
【2021版】インサイドセールスとは?基礎知識やメリット・特徴・役割を解説

 

営業支援ツールについて

以下の図で示しているように、インサイドセールスの各業務において、用いられるツールが異なります。
ここでは、各ツールの特徴を確認していきましょう。 インサイドセールス

MAツール

MA(マーケティングオートメーション)ツールは、
新規顧客の獲得や見込み顧客の育成などマーケティング施策をサポートするためのツールです。

メールの一斉配信のほか、
見込み顧客に対し最適なコンテンツを最適なタイミングで提供することができ、
顧客との関係構築を促進します。

MAツールのメリット

  • 顧客の行動や状況に合わせてメール配信を自動化できる
  • マーケティング業務の生産性向上につながる
  • 顧客の特性分析に活用できる

MAツールの導入に関しては、以下の記事でも詳細に解説しています。
MA導入前に確認しておきたい!!MAの具体的な活用方法と導入の際の注意点

 

SFA

SFAとはSales Force Automationの略で、
営業活動の管理・分析を目的とし、
行動管理や目標管理のほか、顧客情報や案件管理などの機能を備えています。

営業活動を可視化することで、情報の精度を高めたり営業活動の効率アップにつなげる事が可能です。

SFAのメリット

  • 営業活動を可視化でき効率化できる
  • 顧客データの分析がしやすい
  • データを一元管理できる

ウェブ商談ツール

ウェブでの商談は対面よりも顧客の心的ハードルが低く、アポイントの獲得がしやすい傾向にあります。
現在様々なウェブ商談ツールがリリースされており、
ファイル共有機能・レポート機能・顧客データの管理機能を持ったものなど様々です。

ウェブ商談ツールのメリット

  • アポイントの獲得がしやすい
  • 録音と録画ができ営業活動の記録や共有に役立つ
  • 顧客データの蓄積や分析にも使える

ツールの選定に必要なポイント

営業支援ツールを選ぶにあたり重要なポイントは、大きく分けて3つです。

  • コスト
  • 機能
  • 使いやすさ

標準的に装備されている機能だけではなく、
製品ごとに特長としている機能もチェックする必要があります。

ただし、多機能だからといって自社にとって使いやすいとは限りません。

ツールの設定・構築にはそれなりのITリテラシーが必要な場合もあり、
製品によってはプログラミングに近い知識が必要だったりなど、
多機能ゆえに使いこなすのが難しいものもあります。

複雑な設定や管理ができる人員を社内で配置できない場合は、
サポート体制の手厚いものや仕組みが複雑でないものを選択した方が無難と言えます。

また、システムの浸透と定着が重要なので、
使用する人数が多い場合は操作が直感的でわかりやすいものを選ぶのも選択肢のひとつです。

他のシステムと連動して使用することを想定している場合、
データの互換性なども加味して考える必要があります。

さらに、ツールによってスマートフォンでの使用ができるものとできないものがあるので、
自社の営業活動のスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

営業支援ツールの紹介

ここからは種類別のおすすめツールを厳選して紹介します。
機能やコストなど自社の状況に最適なツールをご検討ください。

リードの育成を強化したい:MAツール

Salesforce Pardot(パードット)

Salesforce Pardot
株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するクラウド型MAツールです。
SFA(営業支援システム)やCRM(顧客関係管理)において世界トップシェアを誇ります。
同社のSFAシステムである「Sales Cloud」と連携することにより、
見込み客の創出や育成を包括的に管理することが可能です。

おすすめのサービス形態BtoB
他システムの連携CRMやSFAシステムとの連携が可能
費用月額費用150,000円~
URLwww.salesforce.com

 

Marketo Engage(マルケト エンゲージ)

Marketo Engage
アドビ株式会社が提供するMAツールです。
「BtoB」「BtoC」問わず全世界で5,000社以上の導入実績があります。
日本国内でも、大企業からスタートアップまで業界や業種を問わずに広く導入されています。

おすすめのサービス形態BtoB・BtoC
他システムの連携CRMシステムとの連携が可能
費用個別見積もり
URLhttps://marketo.com/

 

SATORI(サトリ)

SATORI
株式会社SATORIが提供する国産のMAツールです。
800社以上の導入実績があり、国産ならではの迅速なサポート体制が整っています。
また、匿名リードのデータ管理や蓄積も可能な「アンノウンマーケティング機能」を搭載し、
実名リード獲得への施策を打てるという特長がある。

おすすめのサービス形態BtoB・BtoC
他システムの連携kintone・Salesforce Sales Cloudなど
費用初期費用30万円~・月額費用14.8万円~
URLhttps://satori.marketing

 

Marketing hub(マーケティングハブ)

Hubspot Marketing hub
コンテンツの作成・リードへの転換・ROIの測定までできる、
統合型のマーケティングプラットフォームです。
営業効率化を図る「Sales hub」とカスタマーサポートの支援をする
「Service hub」との連携を行うことが可能です。

おすすめのサービス形態BtoB・BtoC
他システムの連携CRM・SFAシステムとの連携可能
費用月額費用6,000円~(Starterプラン)
URLwww.hubspot.jp

 

営業活動の管理・分析を強化したい:SFA

BALES CLOUD(ベイルズクラウド)

ベイルズクラウド

スマートキャンプ株式会社が提供するSFAツールです。
Excelやスプレッドシートに近い画面で誰でも簡単に操作できるのが特徴です。
ワンクリック発信機能やコール活動分析機能を備えているため、営業活動の効率化や可視化が可能です。

機能顧客管理・電話発信・メール配信・ToDo管理・他システム連携 等
提供形態クラウド
費用直接お問い合わせください
URLhttps://bales.smartcamp.co.jp/bales-cloud

 

SalesCloud(セールスクラウド)

SalesCloud
株式会社セールスフォース・ドットコムが提供するSFAツールです。
世界トップシェアを誇るSFAで、非常に多機能なツールです。
多くの基幹システムやMA(マーケティング・オートメーション)との連携が可能な点が特徴です。

機能顧客管理・案件管理・見込み客管理・レポート機能
ダッシュボード機能・売上予測・モバイル対応・メール連携 等
提供形態クラウド
費用月額費用3,000円~
URLwww.salesforce.com

 

Senses(センシーズ)

Senses
株式会社マツリカが提供するSFAツールです。
人間工学に基づき使いやすく設計されたUI/UXが特徴で、情報入力の自動化機能により、
営業データが効率よく蓄積され、簡単にデータを分析することが可能です。

機能顧客管理・案件管理・行動管理・メール連携・レポート機能
モバイル対応・企業データベース保有 等
提供形態クラウド
費用月額費用25,000円~
URLhttps://product-senses.mazrica.com

 

Knowledge suite (ナレッジ・スイート)

Knowledge suite
Knowledge suite (ナレッジ・スイート)は、純国産のSFAツールです。
データ蓄積量に応じて、利用した分だけ支払う従量課金型なので、
アカウント数は無制限で利用が可能です。

機能顧客管理・案件管理・行動管理・目標管理
レポート機能・他システム連携 等
提供形態クラウド
費用月額費用6,000円~
URLhttps://ksj.co.jp

 

ウェブ商談の訴求力を高めたい:ウェブ商談ツール

ZOOM (ズーム)

zoom
Zoomビデオコミュニケーションズが提供するWeb会議システムです。
1対1のコミュニケーションはもちろん、
オプション追加で最大1,000人までミーティングに参加することが可能です。

機能会議の録画・録音(無料版はPCのみ)・画面共有・チャット機能
ホワイトボード ・カレンダーとの同期・slackとの連携 等
費用無料プラン以外に3つの有料プラン 
URLhttps://zoom.us

 

bellFace(ベルフェイス)

bellFace

ベルフェイスが提供するbellFaceはBtoBの営業に特化したオンライン提案システムです。
電話回線を使用するのが特徴で、
どのブラウザからでも電話回線を利用して迅速に接続することができます。
資料共有機能やスクリプト機能が備わっており、インサイドセールスにも適しています。

機能録画・録音・画面共有・シンクロプレゼンテーション機能
トークスクリプト機能・CRM連携 等
費用初期費用+月額費用(定額) ※利用ID数により月額費用が変動
URLhttps://bell-face.com

最後に

営業支援ツールを導入しても、社内できちんと運用・管理ができなければ意味がありません。

  • せっかく導入をしたのにエクセルや他システムとの二重管理になってしまう
  • 履歴を蓄積するだけでデータの活用ができない
  • 使い方が難しくて定着しない

このような事態にならないように、導入する前にデモ画面を確認したり、
実際の操作感などを確かめながら、自社にあったツールを選択しましょう。

インサイドセールス導入についてお悩みでしたらご相談を

インサイドセールスの導入にお困りごとはありませんか?
営業課題を解決するには、代行会社への依頼もひとつの手段です。
まずは無料の資料請求をおすすめします。

営業代行『Seiyaku』の資料請求をする

Writing by

SalesMedia 編集部

SalesMediaの記事を制作・配信している編集部です。
営業支援に役立つ情報を発信していきます。

タグ

関連記事

もっと見る