店舗運営の課題解決!効率化が見込める管理システムや代行サービスも解説

効率良く、円滑な店舗運営は誰もが目指したいところです。

効率が悪く、実績が芳しくない店舗に関しては、同じような課題で悩んでいることが多く見受けられます。

たとえば、

  • 事務作業が煩雑すぎて、店舗運営がうまくまわっていない
  • 退職したスタッフの枠がなかなか埋まらず、他のスタッフへの負担が大きくなっている

今回の記事では、こういった店舗運営でよくある課題に対し、店舗管理システムや運営代行会社などの対策を紹介します。

事前に課題に沿った対策を準備しておくことで、効率の良い店舗運営に近づくことができます。

効率の良い店舗運営を目指したい方必見です!

店舗運営に悩んでいる・・・そんな場合は販売代行を検討してみては?

店舗運営と一言でいっても、企業さまのビジネスによりさまざまな運営の形があります。
社外のパートナーと共に新しい取り組みにチャレンジすることで課題解決が期待できますよ。

『ウィルオブ販売代行』のサービス概要を確認する

店舗運営とは

店舗運営とは、飲食店や小売店などで店長が行う運営マネジメント業務のことを指します。

主な業務内容としては、「顧客管理」・「売上管理」・「在庫管理」・「人材管理」などが挙げられます。

店舗全体の運営をマネジメントしながら、売り上げ拡大を図っていくのが店長の仕事になります。

店舗運営の業務内容

店舗運営とは
店長が行う業務内容を、一つずつ確認していきましょう。

売上管理

売上管理では、客数・客単価などの情報をもとに売上結果を分析します。

分析結果をもとに売上拡大に向けて戦略を練り、売れていない商品においては、レイアウトの変更やポップを作成することで売上の改善に繋げていきます。

売上拡大を目指すうえで、特に重要な業務となるのが売上管理です。

在庫管理

在庫管理のミッションは適正な在庫数をキープすることです。

売れる商品だからといって、過剰に仕入れを行えば大量の在庫を抱えることになり、廃棄ロスを発生させてしまいかねません。

変化するトレンドを見極めつつ、在庫を抱えないギリギリのラインで発注する判断能力が求められます。

人材管理

運営を機能させるために、必要な店舗配置人数を決定します。

もし、人員数が不足している場合は店長自ら採用活動を行い、育成のために教育も施すなど人材管理の干渉範囲は多岐に渡ります。

ただし、教育により安心して業務を任せられるようになれば、店長は接客以外の業務に集中できるため、業務効率の向上にも期待ができます。

顧客管理

アパレルの店舗においては、商品を購入頂いたお客様に対して、DM(ダイレクトメール)を作成します。

DMは販売スタッフが作成することが多いですが、顧客情報の管理は店長の業務になります。

氏名や年齢などの個人情報だけでなく、顧客の好みや来店頻度など管理できる情報は様々です。

顧客管理の質はリピーターの数に直結するため、質の高い顧客管理を行うことで、売上拡大に繋げていきましょう。

店舗運営に必要なスキル

店舗運営における業務内容をスムーズに遂行していくために、必要となるスキルを紹介します。

マーケティングスキル

より高い利益を上げるための手段を考えたり、売上低下への打開案を打ち出したりするときは「マーケティングスキル」が必要となります。

具体的には、市場動向や自店舗の客層に加え、競合店と比較した際の強みや弱みを分析します。

このようなマーケティング結果をもとに、商品ラインナップや宣伝手段、価格の見直しを行っていきます。

コミュニケーションスキル

店舗運営に協力してくれているスタッフとのコミュニケーションは、欠かすことができません。

その際に必要になるスキルが「コミュニケーションスキル」です。

十分なコミュニケーションをとり、良好な関係を構築していくことは、コミュニケーションエラーの改善やスタッフのモチベーション向上に繋がります。

良好な関係を構築し、メンバー同士で意思疎通を図ることで、大きな運営ミスを未然に防いでいきましょう。

コスト管理スキル

「コスト管理スキル」も、大事なスキルの一つです。

どれだけ売上が上がっていても、コストがコントロールできていなければ、利益ベースでマイナスになってしまうこともあり得るからです。

人件費や光熱費などから採算の合わないコストをカットし、経費を適正な額にとどめるなど、店舗の利益をアップさせていくスキルが求められます。

クレーム対応スキル

店舗を運営していく中で避けて通れないのが、クレーム対応です。

理不尽な理由から、思わぬタイミングでクレームが入ることも少なくありません。

そんなとき、店舗運営責任者である店長が柔軟に対応することで、スタッフからの信頼もグッと厚くなります。

「クレーム対応スキル」も是非、身につけておきたいスキルのひとつです。

ウィルオブ 販売代行

店舗運営での課題

ここからは、店舗運営における二つの課題を見ていきましょう。

事前に対策も含めて把握しておくことで、課題に直面した際も落ち着いて対応ができます。

管理業務が煩雑

課題の一つ目は、管理業務の煩雑さです。

前述のとおり、店長の業務のほとんどは管理業務で占められています。

それに加え、日報や週報、シフト作成、本部への報告資料の作成など事務作業も大量にあります。

こういった事務作業をいかに効率化できるかが、大きな課題となってきます。

スタッフ定着の低さ

課題の二つ目には、スタッフ定着の低さです。

スタッフが突発退職してしまい、新たに採用活動しているが、なかなか求める人材が採用できないでいる。

店舗運営において、よくある悩みです。

必要な人員数の担保ができていないと、他のスタッフの負担・工数を増やすことにもつながるため、健全な運営が難しくなってしまいます。

課題解決に向けて

取り上げた二つの課題を解決するにあたり、効果的な対策を紹介しますので参考にしてみてください。

店舗管理システムの活用

事務作業の効率化に繋がるものとして、店舗管理システムがあります。

店舗管理システムとは、売上報告や在庫の把握、仕入れの発注など、これまで人が行っていた店舗管理業務を簡単に行うことができるようになるシステムを指します。

店舗の課題に即した店舗管理システムを導入できれば、データ管理や事務工数の負担を一気に軽減できます。

ただし、同じ店舗管理システムでも機能が異なるため、導入時には自社の業種に合っているのか確認しておく必要があります。

代行会社の活用

スタッフ定着に関する課題解決には、代行会社の活用がおすすめです。

スタッフの採用にノウハウを持つ代行会社は、課題解決に向けて心強い存在になりえます。

また、店舗運営の代行実績がある会社であれば、採用以外の部分でも理解が深くノウハウも持っているため、さらに強力な味方になってくれます。

▼関連記事
販売代行について、別記事「アパレル業界注目の販売代行サービス!導入数が増えている理由を徹底解説」でご紹介していますので、そちらもぜひ参考にしてください。

おすすめのシステム

最後におすすめの店舗管理システムと代行会社を見ておきましょう。

まず、アパレル業におすすめのシステムから紹介します。

アラジンオフィスfor fashion

アラジンオフィス

【公式サイトはこちら】

  • 同じ型番でもカラー別、サイズ別で上代や原価が異なるため、品番を分けて管理したい
  • 売れ筋・死に筋商品を把握したい
  • 会計ソフトへの仕訳処理を全て手入力で行っていて時間がかかっている

こういったファッション・アパレル業界の課題・ニーズに応えるため、開発されたシステムです。

他社システムとの連携に幅広く対応しており、自由にカスタマイズができるので、自社独自のシステムを構築できます。

【主な機能】

  • 販売管理
  • 在庫管理
  • RFID活用
  • ポイント・顧客一元管理
  • 倉庫管理システム連携

次にEC業におすすめのシステムはこちらです。

ネクストエンジン

ネクストエンジン

【公式サイトはこちら】

  • 実店舗・オフライン注文の在庫を連携させたい
  • 夜間注文分の在庫を更新したい
  • 今使っているシステムと連携・併用したい

こういったネットショップの現場の声を拾い上げて作られた店舗管理システムです。

汎用性が高く、自由にカスタマイズできるため、必要な機能を適宜追加するなどネットショップ運営を一元管理・効率化できることが特徴として挙げられます。

【主な機能】

  • 受注管理
  • 決済連携
  • 送り状連携
  • 倉庫連携
  • POS連携

おすすめ代行会社

続いて、運営代行会社を3社紹介します。

株式会社ウィルオブ・ワーク

販売代行ウィルオブ

【公式サイトはこちら】

営業・販売の領域で、20年以上培ってきた実績がある会社です。

既存の店舗運営の見直しやビジネスモデルの刷新など、450店舗以上の運営実績を持つことが強みです。

【3つの特徴】

  • 全国50拠点以上のネットワークによるエリア特性への高い理解
  • 正社員中心の販売力に長けた人材を配置可能
  • 様々な業態への導入実績から得られた知見をもとにDX・OMO化もサポート

株式会社ディースパーク

ディースパーク
>

【公式サイトはこちら】

アパレル業界の一流ブランドショップへの専門派遣から事業スタートした会社です。

長年の人材派遣で培った接客販売ノウハウをもとに、販売や店舗運営の問題解決に貢献できます。

【3つの特徴】

  • 販売員教育・シフト管理など店舗運営に関わる全てに対応
  • 専任の担当者を配置し、販売マネジメントの代行も可能
  • 新規出店エリアの売り上げ傾向などの調査データも提供

株式会ツナギテ

ツナギテ

【公式サイトはこちら】

主にメーカーの店舗等を代行している会社です。

店舗運営からマネジメントまでをワンストップで対応することが可能です。

【3つの特徴】

  • アパレルメーカーやブランド店舗、催事まで多岐にわたる運営実績
  • 顧客ニーズや販売動向を分析し、効率の良い集客と実績向上をサポート
  • ウェブサイトの運営や映像・提案資料の企画も可能
▼関連記事
販売代行について、別記事「アパレル業界注目の販売代行サービス!導入数が増えている理由を徹底解説」でご紹介していますので、そちらもぜひ参考にしてください。

まとめ

ここまで、店舗運営の課題解決に貢献できるサービスを見てきましたが、店舗運営の課題は紹介したもの以外にもたくさんあります。

様々な課題に関しても、解決の手助けをしてくれるのが代行会社の存在です。

それは、これまで多くの店舗運営に関わってきたノウハウを代行会社が持っているからです。

ただし、対応範囲や利用料金については会社によって異なるため、一度相談してみてください。

自店の課題を解決し、効率の良い店舗運営を目指していきましょう。

    ご相談は無料販売代行に関するお問い合わせ

    1分で完了!! 簡単3ステップ

    • 1
    • 2
    • 3
    必須お名前

    必須企業名

    1分で完了!! 簡単3ステップ

    • 1
    • 2
    • 3
    必須所属部門

    必須電話番号

    必須メールアドレス

    1分で完了!! 簡単3ステップ

    • 1
    • 2
    • 3
    必須都道府県

    お問い合わせ内容

    利用規約個人情報の取り扱いについて
    ご同意いただき応募してください。

    ユーザー画像
    採用ジャーナル 編集部

    ウィルオブ採用ジャーナルの記事を制作・配信している編集部です。
    20年以上人材支援をしているノウハウから、総務・人事担当者や事業責任者の皆様のコストカットや業務効率化に役立つ情報を発信していきます。