人材育成における課題を解消!解決策とともに成功に繋がるポイントも解説

企業が成長していくには、社員の成長は欠かすことができません。

企業にとって、人材育成は社員の成長を促すため、大事な取り組みとなります。

しかし、人材育成を進めようとしたとき、時間やコストといった課題にぶつかることがあります。

各企業は、直面した課題をどのように乗り越えているのでしょうか?

今回は、人材育成における課題を解消するための対策を紹介していきます。

また、主な育成手段や育成を成功させるためのポイントも合わせて解説しますので、
これから人材育成に力を入れていきたいと考えている企業は必見です。

人材育成とは

人材育成とは、企業に貢献できる人材を、長期的な視点で育てることを意味します。

企業に貢献できる人材を育成することで、企業自体の成長にもつながっていきます。

そのため、人材育成は、企業にとって大事な取り組みの一つといえます。

ではなぜ、人材育成に取り組む必要があるのか?

まずは、人材育成の目的から確認していきましょう。

人材育成の目的

人材育成には、大きく二つの目的があります。

生産性の向上

一つ目の目的は生産性の向上です。

人材育成により、社員一人一人の能力を高めることができれば、仕事に対するモチベーションの向上にもつながります。

高い能力だけでなく、モチベーションを高く保つことができれば、生産性を上げることができるのです。

生産性が向上することは、企業の業績アップにも寄与するため、人材育成は重要といえます。

社員の離職防止

二つ目の目的は、社員の離職防止です。

社員が企業を離れる理由の一つに、社内において、成長機会がないという点が挙げられます。

成長機会がない職場は、魅力を感じることができず、仕事に対しモチベーションが下がってしまう可能性があるからです。

そのため、企業は人材育成で学びの機会を与え、モチベーションを高めることで社員の離職防止につなげています。

▼関連記事
離職率については、別記事離職率が高い会社に共通する項目とは何か!原因から導き出した対策も紹介で詳しく解説していますので、そちらもぜひ参考にしてください。

人材育成の課題

企業にとって重要な取り組みである人材育成を進めていくなかで、出てくる課題を三つ紹介していきます。

育成目標が明確でない

人材育成において目標設定は重要な項目ですが、明確に設定されていないケースが散見されます。

いくら良質な育成プログラムを準備できても、目標が明確でないと意味がありません。

いつまでに、どんなスキルをどこまで習得させるかなど、目指すべき目標を明確にすることでゴールが見えてきます。

育成の進捗状況を見ていくためにも、育成目標は明確にしておきましょう。

育成にかける予算がない

外部に研修を依頼する場合などを含め、人材育成にはコストがかかります。

また、育成の成果が見えにくいといった理由から、予算を確保することは困難を極めます。

そのため企業としては、限られた予算の中で、育成効果をいかに高めることができるかを検討していく必要があります。

育成にかける時間がない

人材育成の担当者は、別の業務と兼任している場合、育成にかける時間を捻出することは難しくなります。

また、目の前の業務に追われてしまうことで、ついつい人材育成を後回しにしがちです。

そうなってしまうことで、社員のモチベーションが下がり、離職の可能性が高まるなど悪循環になりかねません。

人材育成の時間を捻出するために、担当者の業務内容を見直すなど、企業側も業務分担のサポートを行う必要があります。

課題の解決策

ここからは、先ほど紹介した人材育成の課題の解決策を紹介していきます。

まずは、育成目標を明確にする方法です。

スキルマップの作成

育成目標を明確にするには、スキルマップの作成が有効です。

スキルマップとは、職種や年次ごとに身につけてほしいスキルを時系列にまとめた表を指します。

スキルマップを作成することで、取り組むべき項目が明確になります。

また、時系列に目標を並べるため、着実なステップアップにつながります。

合わせて、定期的に振り返りを行うことで、進捗を見ながら計画的に育成を進めていくことができます。

目標に向けて、計画通り育成を進めていくには、スキルマップの作成がおすすめです。

eラーニングの導入

続いて、育成にかけるコストが気になる場合、eラーニングが有効です。

eラーニングとはインターネット上で学習できる仕組みで、インターネット環境とPCやスマートフォンなどの端末があれば、いつでもどこでも学習できることが魅力です。

多くの研修受講者に対し、一律に学習機会を提供できるだけでなく、教材の印刷代や会場レンタル料、交通費がかからないため、コストを抑制することができます。

また、必ず研修担当を配置する必要もないため、人件費を抑えることも可能です。

IT環境が必須となりますが、環境を構築できるのであれば、おすすめの手段です。

外部サービスの利用

最後に、育成にかける時間がない場合は、外部サービスを利用する方法があります。

外部の研修サービスを利用することで、ノウハウや知識を体系的に学習できるメリットが得られます。

また、企業が抱える課題や職位・スキルに合わせて、独自の研修プログラムを提供する企業も増えています。

教育のプロ集団に依頼することで、より深い知識やスキルの獲得につなげることが可能です。

中長期的な視点で、高いレベルの人材育成を検討しているのであれば、外部サービスの利用は最適手段といえます。

主な育成方法

How to develop human resources

人材を育成していくために具体的にどんな方法が用いられるか、代表的な方法を紹介していきます。

OJT

OJTとはOn-the-Job Trainingの略で、先輩社員同行のもと、実際の現場で行われる教育訓練のことを指します。

メリットとしては、実際の現場で教育を受けられるため、現場ですぐに活用できるスキルを習得できることが挙げられます。

また、一対一での教育となるため、受講者に合わせた指導ができる点もメリットになります。

OFF-JT

OFF-JTとはOff-the-Job Trainingの略で、集合研修などを通して行われる教育訓練のことを指します。

実際の業務に入る前の土台作りとして、必要な知識をインプットできる機会となるため、多くの企業で取り入れられています。

一度に多くの受講者に対し、均等に教育ができる点が大きなメリットで、指導者によるスキルの差が生まれにくいことも特徴です。

自己啓発

自らの意思で、身につけたいスキルや知識について主体的に学習する自己啓発も、人材育成手段の一つです。

受講者が主体的に学習に取り組むため、スキル習得スピードが早くなるなど、効率的に人材育成を進めることができることが最大のメリットです。

しかし、受講者の意欲が大きく影響するため、意欲がある人とない人でスキルの習得具合にばらつきが生まれてしまう可能性があります。

強制力がないため、自己啓発を取り入れる場合、どのように管理するかが重要なポイントとなります。

目標管理制度

目標管理制度とは、対象者個人に目標を設定させ、目標達成度合いを評価する制度のことを指します。

自身が立てた目標を達成しようと、主体的に仕事に取り組むようになるメリットがあります。

また、目標を自身で設定して働くことは、モチベーションの維持にもつなげることもできます。

メンター制度

メンター制度とは、新入社員や若手社員のメンタルフォローを、年齢や社歴の近い先輩社員が対応する制度のことを指します。

メンター制度を導入することで、社歴の浅い社員は何でも相談できる相手ができ、安心感を得られるようになるのです。

また相談役となる先輩社員においても、良いお手本になろうと自発的に仕事に取り組むなど、仕事に対する責任感が高まるといった効果も見込めます。

人材育成だけでなく、会社組織としても成長機会につながりやすい制度だといえます。

人材育成を成功させるポイント

Point of developing human resources

ここからは、人材育成を成功させるために抑えておきたいポイントを三つ紹介します。

スキルや社歴など個人に合わせて教育する

各個人でスキルや社歴、強み弱みが異なるため、同じ教育プログラムを一律で行えばいいというわけでもありません。

できる限り個人に合わせた教育ができれば、より育成効果が見込めます。

そこで活きてくるのが、スキルマップです。

スキルマップは、段階別に必要なスキルや能力が明確になるため、受講者の状況に合わせた教育が可能になります。

早期戦力化を図る上でも、スキルマップを用いて、個人に合わせた教育ができる環境を構築しましょう。

社員の自発性を高める環境づくり

育成効果を高めるためには、社員の自発性が大きなカギになります。

そのため企業は、社員の自発性を高める環境や仕組みを構築していく必要があります。

評価制度の見直しやeラーニングの導入など、社員が自発的に学びたいと思えるような環境づくりを進めていきましょう。

効果検証の実施

成功に向けての最後のポイントは、効果検証の実施です。

ただ、研修を実施するだけでは、本当に意味のあるプログラムだったかどうかが見えてきません。

実施した研修によって、受講者にどういう変化が生まれたのかを測るために、必ず効果検証を行いましょう。

検証を続けていくことで、より効果的な施策を見出すことにもつなげることができます。

売上や獲得件数など数値化できる定量と、研修の受講態度などの定性を合わせて評価するなど、あらゆる側面から検証するようにしましょう。

最後に

今回の記事を通し、人材育成が企業の成長において重要なことは理解していただけたと思います。

しかし現実問題として、スキル不足や時間が足りないといった理由から、人材育成を後回しにしてしまう企業が多くみられます。

育成に関して社内だけでは解決できない場合は、一度、外部のサービスに相談してみましょう。

各企業の課題を踏まえ、これまで培ってきたノウハウを活かした育成プログラムを提案してくれますよ。

最初は外部サービスを利用し、人材育成の知見を貯めていくことで、後々内製化することも可能です。

人材育成を社内で進めることができないといった課題をお持ちの方は、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。

人材育成における課題にお悩みでしたらまずはご相談を

ウィルオブは人材において課題をお持ちの企業のサポートをしています。

20年以上の人材ビジネスの実績による多角的知見で、各業界の企業が抱える課題や悩みに合わせて様々なサービスを提供することが可能です。

企業の人材課題を相談する
ユーザー画像
採用ジャーナル編集部

ウィルオブ採用ジャーナルの記事を制作・配信している編集部です。
20年以上人材支援をしているノウハウから、総務・人事担当者や事業責任者の皆様のコストカットや業務効率化に役立つ情報を発信していきます。